NAGAKUTE Cultural Center

長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166
tel:0561-61-3411 fax:0561-61-2510
開館時間 火-日:9:00-22:00

長久手市文化の家 スタッフ日誌

20
2015  15:02:19

【インタビュー】であーとを終えて…③

であーと出演の平光真彌さんインタビュー第3弾です!

―――魂を入れこんで全く手抜きないですもんね、どの瞬間も。
どうやったら集中力を持続できるんでしょうか?


こっちが?子どもたちじゃなくてね。
とにかく疲れましたけど。笑
でも心地いい疲れでしたし、充実感もありました。
子どもたちとのやりとりもあるので、やっているときは結構没頭できちゃうんですよ。


―――リアルタイムでやっているときはどうでしたか?まなざしとか…

ドキドキでしたね。
ちゃんと反応してくれるかなっていうドキドキ。

1限目…あれは本当に怖かった。レジュメ読んじゃったけど。
特に内容がコアなのものなので。
こどもたちの反応をみて、なにか引っかかってくれる場所があればそこを掴んで、
その掴んだのを中心に広げていくような感じのイメージでやってましたね。

子どもたちの反応は思っていた以上にすごくしっかり聴いてくれていた印象がありました。
チャラチャラして聴いているなあと思っていた子が最後じーっとこっち見ていたりして。
演奏しているときは話している時以上に子どもたちが集中しているのを肌で感じましたね。

裸一貫でぶつかっていった感じだったので、それに対して、
どの子も素直に反応してくれたので、どういう反応でも貴重でありがたかったです。

*****

だいたい最初の3分の1が終わったあたりで、
自分自身が楽しくなってたのは子どもたちの反応があったからでしょうね。
触れあえた瞬間っていうんですかね。

なんか人と人っていう感じでした。
音楽を自分自身のシャッターを通してやっているだけっていうのではなくて、
ずーんと真っ正面から話しかけるっていうのが楽しかったですね。

―――あるがままこれがハイドンの皇帝ですって提示して、
それを子どもたちが受取に行くっていう構図以外に何もない。


本当にシンプルな形でよかったと思います。


―――逆に子どもたちが受取りやすかったんじゃないですかね。素の状態というか。

だとしたら本当に嬉しいですよね。
こどもたちがそういうことに関して手を伸ばしてくれるってことですから。
現代っ子も捨てたもんじゃないなって。
それだけ正面から向き合ったら返してくれるんだなあっていうのは思いました。


* * * * *

次回は、であーとと演奏会の違いは…?についてお届けします!

野田

 未分類