NAGAKUTE Cultural Center

長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166
tel:0561-61-3411 fax:0561-61-2510
開館時間 火-日:9:00-22:00

長久手市文化の家 スタッフ日誌

07
2017  09:28:26

長久手演劇王国XI!Bプログラムのご紹介!

こんにちは、事業係の岡田です!

今日も、劇王XI出場の劇団を紹介していきたいと思います。
順番が前後してしまいましたが、今回は2日目「予選Bプログラム」!

劇王XI~アジア大会~
予選Bプログラム
9月16日(土曜日)14時から16時まで
長久手市文化の家 風のホール

劇王チラシ(小)


■シンガポール代表

ゼルダ・タティアナ・ン(GroundZ-0(原・空間))

シンガポール代表

シンガポールで1番人気の劇団!?
観られるのは、ここだけっ!

Zelda Tatianaは、2003年に、シンガポールのKuo Pao Kun 郭寶崑設立の演劇科(現在、Intercultural Theatre
Instituteと呼ばれる)を卒業、シンガポールで多岐における著名な演劇カンパニーで20年以上活躍している。

Hideo Kanza(日本、)Yoshimasa Kanze(日本、)Sardono W Kusumo (インドネシア、) T.Venkataraman
(インド、)Li Qui Ping (中国、)Danny Yung (香港、)Phillip Zarilli (USA/UK、)Aarne Neeme
(オーストラリア、)Kuo Pao Kun (シンガポール、)Ma Hui Tian (中国、)John Clark (オーストラリア)
など、多くの国際的に著名なマスター・教授・アーティストと仕事を共にする。
特に国際的、異文化的、クロスジェンダーな観点に重きをおき、能や、京劇、インドネシアの影絵芝居、
インド古典舞踊なども、現在の作品に反映されている。

舞台にて演技、演出する他、Zelda Tatianaは、TVや映画でも活躍している他、歌、執筆、絵画などにも精力的に
取り組んでいる。

※ウェブ情報等、少々お待ちください…



■九州代表

荒木宏志(劇団ヒロシ軍)

ヒロシ軍

2007年、荒木宏志を筆頭に旗揚げされた劇団です。
長崎県諫早市を拠点とし、九州全域で爆発的な活動をしているとか。。。

主宰の荒木さんによると、ヒロシ軍は爆発って言葉が似合う劇団。」とのこと。

旗揚げしてから10年間、何一つこれといった経歴がなかった(何かしらの戯曲賞を受賞したこともなければ、何かしらの賞レースで優勝したこともない)のですが、10年目にして、劇トツ×20分2017で優勝、見事劇王XIアジア大会への出場が決定しました!!

爆発的なステージをお見逃しなく!?


◆劇団ヒロシ軍
HP / twitter / Facebook / blog



■中国地区代表

亀尾佳宏(亀二藤)

中国代表

亀尾佳宏と劇団ハタチ族代表、西藤将人とで2016年に結成した演劇ユニット「亀二藤」。
特定の劇団を持たず、「高校演劇」「市民演劇」「地元劇団」という三つの場で、その時目の前にいる人々と演劇活動をしているそうです。

今月も、高校演劇部との合同公演を控えています。

昨年広島で開催された「第4回中国ブロック劇王決定戦!」で優勝し、『第四代中国ブロック劇王』の称号を手にしました。

今回上演する作品は、密室の会話劇!
島根から、第11代劇王目指して攻め上ります!

◆亀二藤◆
劇団ハタチ族HP



■東海代表

渡山博崇(星の女子さん)

渡山さん

我らが東海地区代表、星の女子さんの渡山さんです!

作風は、「ブラック・メルヘン」や「変なメルヘン」と呼ばれたりしていて、日常の虚実とメルヘンの毒を融合させたいささか不条理な現代のおとぎ話です。

劇王シリーズには、過去5回出場!
今回上演する「怪盗パン」という作品は、劇本2~劇王アジア大会東海地区予選~ にてチャンピオンに輝いた作品!
今年の教文短編演劇祭2017でも上演されました。

その不可思議な世界観をお見逃しなくっ!

◆星の女子さん◆
HP / twitter / Facebook / blog






いよいよ開催まであと10日を切りました!
笑いあり、涙あり!?なアジア大会、必見です!!


関連企画ほか、詳細情報はコチラへ↓
劇王XI(長久手市文化の家ホームページ)

 未分類