NAGAKUTE Cultural Center

長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166
tel:0561-61-3411 fax:0561-61-2510
開館時間 火-日:9:00-22:00

長久手市文化の家 スタッフ日誌

25
2017  13:06:13

ルイース来日!エル・システマフェスティバル☆☆★

こんにちは!事業係の岡田です

先週末、21-22にかけて(台風の中)東京芸術劇場にて行われた
エル・システマフェスティバル2017へ行ってきました!

芸術劇場


12月3日に文化の家で公演を行うエディクソン・ルイースが来日し、
マスタークラス、室内楽コンサート、ガラコンサートと3日間盛りだくさん

コンサートホール コンサートホール外観

私たちがお邪魔したのは室内楽コンサートとガラコンサートの2日間です。

室内楽コンサートでは、「コントラバスのパガニーニ」との異名を持つボッテジーニの
ヴァイオリンとコントラバスのためのグラン・デュオ・コンチェルタンテ、
同じくボッテジーニのチェロとコントラバスのためのデュオ・コンチェルタンテ、
シューベルトの『ます』が演奏されました。

大きなコントラバスを抱え、笑顔で登場したルイース。
公演中も終始笑顔で、共演者や客席をよく見ているのが印象的でした

どんな曲も軽々と、そしてなによりも楽しそうに弾いていました。
あんなに楽しそうに楽器を弾くひとを初めて見たように思います

音楽を奏でる喜びがにじみ出るような演奏でした。

2日目のガラコンサートでは、相馬こどもコーラスが登場!

かわいい子どもたちが登場して歌い始めたかと思いきや、なんと振り付き
キュートなダンスと素晴らしい歌声で、見ても聴いても楽しめる舞台となりました。

2部ではベネズエラのボーカル・アンサンブル「ララ・ソモス」が登場。
8月にホワイトハンドコーラスのドキュメンタリーを見に行った際に画面の中で見たコーラスを
生で聴くことができ、大変感動しました…!

そして歌声もさることながら、マラカスが素晴らしすぎて驚きました
(私事ですが、小中高とパーカッションをやっていたのですがマラカス・シェイカーは大の苦手でした)

マラカスって、あんな音が出るのかと一同感心してしまいました。

そして3部では、井上道義氏指揮のもと、エルシステマジャパンのフェローオーケストラとともに
コントラバス協奏曲(クーセヴィツキー)が演奏されました。
この日もやはり軽々と、誰よりも楽しそうに弾いているルイース

最後は全員によるアヴェ・ヴェルム・コルプスでフィナーレ。
盛りだくさんで、充実したコンサートでした。


そしてそして、楽屋へ突撃!

コンサートから受けた印象のとおり、朗らかでとってもフレンドリー!

こういうときに、英語が話せたら… と強く思います。
(「Thank you」と「Nice to meet you」しか言えませんでした)

一緒に

とっても楽しみにしていると伝えてもらい、バイバイ

楽屋裏では、ララ・ソモスとルイースのセッションが始まったり、とってもにぎやかで楽しい時間が流れていました。

記念写真


彼らは本当に楽器と音楽を愛していて、奏でることの喜びをひたすらに享受して
音楽の本質を体言していると感じました。

あんな風に、音楽を楽しめたら素敵だなと思います。
そんな雰囲気をぜひ、12月に長久手で感じてください!






エディクソン・ルイース コントラバスリサイタル
2017年12月3日(日)14:30開場/15:00開演
長久手市文化の家 森のホール
[料金]大人:3,000円、高校生以下:500円



 未分類