NAGAKUTE Cultural Center

長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166
tel:0561-61-3411 fax:0561-61-2510
開館時間 火-日:9:00-22:00

長久手市文化の家 スタッフ日誌

19
2018  14:11:36

☆展示室で行われている美術展のご紹介☆

生誕110年西村千太郎と愛知のフォービスム展チラシ
みなさま!はじめまして!
事業係の下谷(しもや)ですヽ(´∀`)ノ
この4月から文化の家に配属となり、毎日芸術に触れられる、素晴らしい日々を送っております(´∀`*)
今後ともよろしくお願い致します☆

さてさて、早速ですが、今回は文化の家の展示室で開催中の美術展(絵画)のご紹介をいたします。

「生誕110年 西村千太郎と愛知のフォービスム展」

「フォービスム??(=?ω?)」
直訳すれば、野獣派,野獣主義。 また、20世紀初頭フランスに起った絵画運動のことになります。

「つまり、どんな絵画が展示されているの??」
という質問が飛んできそうですが、私が今回の美術展を拝見した際の絵画の印象をお伝えしますと、
「力強いタッチで、とても野生的で、躍動感溢れる絵画」というイメージです。

展示初日を迎えた昨日は、
洋画家であり、写実画壇運営委員である赤塚一三氏
及び、郷土美術研究か・名古屋画廊社長である中山真一氏
によるオープニング・ギャラリートークが開催されました。
赤塚 一三氏
赤塚 一三氏

中山 真一氏
中山 真一氏

ギャラリートークの様子
ギャラリートークの様子

お二人による解説で、戦前、戦時中、戦後を生きた西村千太郎氏の胸中を知ることができ、ひとつひとつの絵の印象がとても深いものになりました。
戦前・・・若々しい、躍動感溢れる作品
戦時中・・・戦時中にも関わらず、その苦しみに屈しない人々の気持ちを力強く、野生的に表した作品
戦後・・・戦後の、何にもとらわれない、自由になった気持ちをすがすがしくも力強いタッチで表した作品
(下谷談。感じ方には個人差があります。)

いずれの作品も、「フォービズム」という今回の美術展のテーマに合致しており、見ごたえがある物ばかりです。

ぜひぜひ、実際にご覧になって、今、ここでしか味わえない躍動感を味わってください!

※美術展は4月26日(木)まで(23日(月)は休館)。※

ではでは☆
事業係 下谷ヽ(´∀`)ノ

 イベント