NAGAKUTE Cultural Center

長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166
tel:0561-61-3411 fax:0561-61-2510
開館時間 火-日:9:00-22:00

長久手市文化の家 スタッフ日誌

19
2018  05:46:17

戯曲とは何か?すべての人に問いかける●●

こんにちは!
創造スタッフ藤島です。

少し前の話になりますが今年の9月、文化の家で
「エンゲキカフェ-声に出して読むエンゲキ体験ー」というイベントが開催されました。
プロの俳優さん、演出家さんと戯曲を声に出して読もう、という愛知県芸術劇場さんの企画です。

IMG_8695.jpg


★文化の家Facebookページ★

そこで採用された戯曲はカゲヤマ気象台さん作の「シティⅢ」。
愛知県芸術劇場主催の戯曲への賞、AAF戯曲賞で2017年に大賞をとった戯曲です。

このAAF戯曲賞の大賞には、「翌年、他の演出家によって実際に上演される」、という特典がありまして!
9月の「エンゲキカフェ」ではその受賞記念公演の演出をするダンサー捩子ぴじんさん、
出演される佐久間新さん、松井壮大さんと参加者さんが一緒に、「シティⅢ」を声に出して読みました。


IMG_8702.jpg IMG_8679.jpg

IMG_8676.jpg


「シティⅢ」の舞台は5,600,000,000年以上先の文明が一度滅び、再興した未来。
登場するは泥棒・旅芸人・爆弾屋・占い師。
戯曲にある台詞は一見意味の分からないことばかり。

これだけで「どんなお話なんだろう!?」ってなりませんか
私は何度か戯曲を読んでから「エンゲキカフェ」に臨んだのですが、一人で読んでてもどうなってるのかサッパリ分かりませんでした
しかし「エンゲキカフェ」で皆さんと一緒に読んでいたら、
たちまち画が浮かんできて、登場人物たちが何を言っているのか少しずつ分かってくる不思議!
この辺が小説と戯曲の大きな違いかもしれませんね。
そしてやはり戯曲とは「上演を前提に書かれた文学作品」ですので
上演まで楽しんでいただきたい!


なんと「シティⅢ」は愛知県芸術劇場さんのHPに行けば無料で読めますし、
10月26日(金)から28日(日)まで、愛知県芸術劇場小ホールで上演があるんですよ!!!


そう、もうすぐです。
なかなかこういう楽しみ方を手軽に出来る機会はありませんので、
これを機にぜひ体験してみて下さい!

IMG_8697.jpg IMG_8686.jpg


★「シティⅢ」公演情報ページ★


創造スタッフ
藤島

 イベント