NAGAKUTE Cultural Center

長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166
tel:0561-61-3411 fax:0561-61-2510
開館時間 火-日:9:00-22:00

長久手市文化の家 スタッフ日誌

04
2019  14:55:07

福祉と音楽のハーモニー♪

こんにちは、事業係の岡田です。
先日、長寿課との連携事業で新しい企画が生まれました!

長寿課が主催して毎月開催されている「いきいきライフパーティー」に、文化の家がコラボレーションしました。

いきいきライフパーティーでは、健康づくりに関心のある方が集まり楽しく運動をしています。

今回はそんな運動の場に、演奏家が参戦
コンサートをメインとしたパーティーが開催されました。
出演は、創造スタッフ石川さんと、ピアニストたっくん!

この二人、初共演ですがある共通点がありまして…
石川さんは今年度から福祉分野に特化したフランチャイズアーティストとして活動し、たっくんは最近福祉系の施設で働きはじめた、福祉コンビなんです!

どんなコラボを繰り広げたのか、ご覧ください♪





まずは、いつものように身体をほぐすコーディネーション運動を。

レクチャーでは簡単そうに見える動きも、やってみると意外に頭を使う!途中、ついていけなくなる場面もありました(^^;

IMG_7083.jpg

この運動は、脳・神経系を刺激し、身体全体を効率よく使うことができるようにと作られたものだそうで、終わるとちょっとした達成感とほどよい疲労感で、なんだかスッキリ


そして、メインの演奏会が始まります。

懐かしの唱歌を演奏したところで、たっくんの即興コーナーに移ります。
文化の家ではもはやおなじみとなったたっくんの即興コーナー。
たっくんは、先にピアニストと紹介しましたが、実は作曲が本業なんです!

メロディさえ分かれば、即興で伴奏をつけたり、何かテーマやイメージがあればそこから即興で演奏することも…


今回は、参加者の方からお話を聞いて、その方をイメージした曲を演奏。

IMG_7110.jpg


2人目にお話を聞いた方は、音楽は好きだけど、聴く専門だといいます。「ピアノが弾けたら楽しいだろうなあ」という言葉に、たっくんから「一緒にやりませんか?」との提案が☆

戸惑いながらも、好きなように自由に弾くお客さんに対して、たっくんが合わせます。
途中、ノリノリになってきたふたりの様子に、会場からは温かい笑い声も

この即興コーナーで一気に距離が縮まり、会場の空気が一つになったのを感じました。

その後、シャンソンやリクエスト曲の演奏が終わり、今回のスペシャルプログラム「ながくてハーモニー体操」へ。


「ながくてハーモニー体操」とは?
長久手応援ソング「harmony town 長久手」にあわせて作った体操です。
脳・神経系に働きかけ、からだ全体を効率よく動かすコーディネーション能力向上やリラックス、呼吸法、
皮膚や筋への心地よい刺激、体幹軸のコントロールなど自律神経のバランスを整えていくことに視点をおいています。


長久手応援ソング」とは?
平成24年1月4日に市制施行した長久手市を記念して企画された《coba producedみんなでつくる長久手大音楽会
~つくろう!唄おう!長久手応援ソング!~》公演(平成24年7月14日・15日)に発表された歌。
「絆」「長久手を応援する内容」をテーマに、長久手市民から歌詞を募集し100を越える応募の中から、
cobaさんと吉田一平長久手市長が12作品に絞り込み、7月14日の公演に最終選考として4曲が初演されました。



生演奏での体操は貴重な経験となりました

しかし、ただの生演奏では終わらせません!
今回だけのスペシャルバージョンとして、たっくんのアレンジによりハーモニー体操が大変身しました。

いきなり派手なイントロでスタートしたのは、スウィング風。
次第にテンポが落ちていき、曲調も悲しげに。
そこからぐるぐると展開して、最後はアップテンポで元気にフィニッシュしました。

いつもと違う早さでの運動は新鮮だったのではないでしょうか

アレンジバージョンの体操をしてみて気付いたのは、意外と、テンポゆっくりの方が負荷がかかって大変…

IMG_7162.jpg


最後は、フランクのヴァイオリン・ソナタで締めくくりました。
皆さん、じっくりと聴き入っていました。

IMG_7100.jpg


次回の日程はまだ決まっていませんが、今後も連携事業として続けていきたいと思っています♪

ここまでお読みいただき、ありがとうございました

事業係 岡田

 レポート